映画

ドクター・ドリトル

今日は、妻&娘と一緒にロバート・ダウニーJr.主演の「ドクター・ドリトル」を見てきた。驚いたことに娘も“前作”を見ていたのだが、彼女が言っているのはエディ・マーフィ主演の「ドクター・ドリトル(1998年)」であり、俺が見たのはレックス・ハリソンが主…

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

今日は、妻&娘と一緒にシアーシャ・ローナン主演の「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」を見てきた。前回、映画館に足を運んだのは2月22日のことなので、約4ヶ月ぶりの映画鑑賞。まあ、この作品なら満員になることはないだろうという計算も…

1917 命をかけた伝令

今日は、妻&娘と一緒にアカデミー作品賞にもノミネートされた「1917 命をかけた伝令」を見てきた。英米では既に1月10日に一般公開されているのだが、アカデミー賞人気を当て込んだと思われる我が国ではそれから一月以上遅れての公開。残念ながら受賞の方は…

パラサイト 半地下の家族

今日は、妻&娘と一緒に今年のアカデミー作品賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」を見てきた。正直、韓国映画はそのドロ臭さが少々苦手であり、本作も“まあ、DVDで見れば良いか”と思って油断していたのだが、そこへ飛び込んできたのがアカデミー賞4部門…

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

今日は、妻&娘と一緒にライアン・ジョンソン監督の「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」を見てきた。ずっと気になっている「パラサイト 半地下の家族」と「ジョジョ・ラビット」はまだ上映中なのだが、娘のお気に入りであるライアン・ジョンソン監督…

キャッツ

今日は、妻&娘と一緒に今、何かと話題のミュージカル映画「キャッツ」を見てきた。「レ・ミゼラブル(2012年)」のトム・フーパー監督があの「キャッツ」を映画化するというので、家族一同、とても楽しみにしていた作品なのだが、一足早く昨年末に公開され…

ダウントン・アビー

今日は、妻&娘と一緒に映画化された「ダウントン・アビー」を見てきた。現在、同じ映画館では「パラサイト 半地下の家族」や「ジョジョ・ラビット」といった今年のアカデミー作品賞にノミネートされている作品が絶賛上映中なのだが、長年、家族で楽しませて…

フォードvsフェラーリ

今日は、妻&娘と一緒にジェームズ・マンゴールド監督の最新作「フォードvsフェラーリ」を見てきた。「LOGAN/ローガン(2017年)」を見て大ファンになったマンゴールド監督であるが、監督を予定されていたスター・ウォーズ・シリーズのスピンオフ作品「ボバ…

ヒックとドラゴン 聖地への冒険

今日は、妻&娘と一緒にシリーズ3作目となる「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」を見てきた。全米では今年2月に公開され、見事、週末興行収入ランキング初登場1位に輝いた作品なのだが、我が国では前作「ヒックとドラゴン2(2014年)」が未公開のままであ…

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

今日は、妻&娘と一緒に「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を見てきた。シリーズ第一作目の「スター・ウォーズ(1977年)」以来、実に42年ぶりとなる完結編の公開ということで、一月くらい前から“本作を見るまでは死んでも死に切れない”と本気で…

屍人荘の殺人

今日は、妻&娘と一緒に神木隆之介主演の「屍人荘の殺人」を見てきた。おそらく今週末の映画は「ジュマンジ/ネクスト・レベル」だろうと思っていたが、念のため娘の意向を確認したところ、返ってきた答えは本作。「ドクター・スリープ」の名前も挙がったが、…

アナと雪の女王2

今日は、妻&娘と一緒に大ヒットしたディズニーアニメ映画の続編「アナと雪の女王2」を見てきた。前作はイディナ・メンゼルの歌声が聴きたくて字幕版の方を鑑賞したのだが、その後、妻や娘に促されて聴いてみた松たか子&神田沙也加コンビの歌声も素晴らし…

IT/イット THE END“それ”が見えたら、終わり。

今日は、妻&娘と一緒に「IT/イット THE END“それ”が見えたら、終わり。」を見てきた。2年前に見た「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。(2017年)」が面白かったので、当然、その続編である本作も鑑賞予定に入っていたのだが、その“期待感”の中身はスタ…

ジョーカー

今日は、妻&娘と一緒に先週見られなかった話題作「ジョーカー」を見てきた。公開前から楽しみにしていた作品であり、「ジョン・ウィック:パラベラム」を優先したのはそっちの方が先に終了する可能性が高かったから。この一週間、出来るだけ本作に関する雑音…

ジョン・ウィック:パラベラム

今日は、妻&娘と一緒にジョン・ウィック・シリーズの最新作「ジョン・ウィック:パラベラム」を見てきた。米国では本年5月に公開されて、見事、初登場1位に輝いた人気作なのだが、何故か我が国ではそれから5ヵ月遅れての公開。しかも、そのせいでヴェネチ…

アド・アストラ

今日は、妻&娘と一緒にブラッド・ピット主演のSF映画「アド・アストラ」を見てきた。正直、事前情報が極めて少ない作品であり、予告編を見ても、宇宙を舞台にしたSF映画であることと失踪した父親探しが一つのテーマになっていることくらいしか分らない。し…

記憶にございません!

今日は、妻と二人で三谷幸喜監督の最新作「記憶にございません!」を見てきた。個人的にはタランティーノの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が第一候補だったのだが、上映時間が161分と長く、タランティーノ・ファンでも無い妻に3時間弱の…

ロケットマン

今日は、妻&娘と一緒にエルトン・ジョンの半生をテーマにしたミュージカル映画「ロケットマン」を見てきた。「キングスマン(2014年)」のシリーズで主演を務めているタロン・エガートンは我が家でもなかなかの人気者であり、そんな彼があのエルトン・ジョ…

ライオン・キング

今日は、妻&娘と一緒にディズニー映画の最新作である「ライオン・キング」を見てきた。つい先日、実写版の「アラジン(2019年)」を見たばかりだというのに早くも次の作品の公開であり、う~ん、最近のディズニー映画はヤケに強気だなあ。出来ればもう少し…

天気の子

今日は、妻&娘と一緒に新海誠監督の新作アニメである「天気の子」を見てきた。最大の鑑賞動機は“他に面白そうな映画が無かったから”という少々消極的なものであるが、まあ、あれだけ大ヒットした「君の名は。(2016年)」の後で何をやらかしてくれるのかと…

トイ・ストーリー4

今日は、妻&娘と一緒にピクサー作品の最新作「トイ・ストーリー4」を見てきた。9年前に公開された前作「トイ・ストーリー3(2010年)」の最後があまりにも見事なハッピーエンドだった故、続編のニュースを耳にしたときにはちょっぴり不安というか不思議…

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

今日は、妻&娘と一緒にMCUシリーズの最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を見てきた。第一期MCUシリーズ(=正式には“フェイズ3”というらしい。)は「アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年)」で幕を閉じたのかと思いきや、実は本作こそがシ…

X-MEN:ダークフェニックス

今日は、妻&娘と一緒にマーベル映画の最新作である「X-MEN:ダークフェニックス」を見てきた。正直、「X-MEN:アポカリプス(2016年)」と大傑作「LOGAN/ローガン(2017年)」の2作品で俺の中のX-MENシリーズは完結しているのだが、製作側から本作が最終作だ…

メン・イン・ブラック:インターナショナル

今日は、妻&娘と一緒にMIBシリーズの4作目に当たる「メン・イン・ブラック:インターナショナル」を見てきた。正直、“都市伝説のパロディー”という意味ではとっくの昔に賞味期限切れの印象が強いMIBシリーズ。そんなこともあって妻からはやや消極的な意見も…

アラジン

今日は、妻&娘と一緒にディズニー映画の最新作「アラジン」を見てきた。アニメ版の「アラジン(1992年)」は我が家でも人気の高い作品であり、子ども達が小さい頃からDVD等で何度となく楽しませて頂いている。そんな訳で、実写化のニュースを聞いたときから…

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

今日は、妻&娘と一緒にモンスターバースシリーズ第3作目の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を見てきた。前作「キングコング:髑髏島の巨神(2017年)」のラストでは世界中の怪獣ファンの前にとてつもない大風呂敷を広げてくれた訳だが、その責任をど…

名探偵ピカチュウ

今日は、妻&娘と一緒にハリウッド製のポケモン映画「名探偵ピカチュウ」を見てきた。正直、企画を耳にした時点では本作を映画館で見ることになるとは思ってもいなかったのだが、その後公開される予告編を見る度にその映像のクォリティの高さに好奇心がムズ…

アベンジャーズ/エンドゲーム

今日は、妻&娘と一緒にアベンジャーズ・シリーズの完結編となる「アベンジャーズ/エンドゲーム」を見てきた。前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年)」の衝撃的かつ中途半端なラストから待たされること一年、ようやくその続編が見られると…

シャザム!

今日は、妻&娘と一緒にDCコミックスの実写映画化である「シャザム!」を見てきた。一応、「DCエクステンデッド・ユニバース」の7作目という位置付けなのだが、映画版ジャスティス・リーグに参加していなかったこともあって、シャザムというスーパーヒーロ…

ダンボ

今日は、妻&娘と一緒にティム・バートン監督の最新作「ダンボ」を見てきた。最近、昔の名作アニメの実写化に精力的に取り組んでいるディズニー映画だが、この作品もそんな中の一作。うちの子どもが小さかった頃、ビデオで一緒に見たアニメ版には相当陰湿な…