伝奇集

アルゼンチン出身の小説家ホルヘ・ルイス・ボルヘスが1944年に発表した短編集。

実際には「八岐の園」と「工匠集」という二冊の短編集を併せたものであり、全部で17の作品が収められている。とても著名な本であり、(往年の?)SFファンとしてはもっと早い時期に読んでおくべきだったのだが、どちらかというと短編より長編指向の方が強いせいもあって手に取るのが遅くなってしまった。

さて、本書に収められた作品群は、「幻想的」であったり、「いっさいが非現実的」であったり、「架空の書物にかんするノート」であったりという具合に、それぞれユニークな趣向が凝らされており、一筋縄ではいきそうにないものばかり。しかし、筒井康隆をはじめとする多くの彼の後継者の作品を先に体験してしまったせいで、その衝撃度はやや弱まってしまったのかもしれず、う~ん、やっぱりもっと早くに読んでおくべきだったなあ。

そんな中で一番面白かったのは冒頭の「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」であり、数多あるアングロ・アメリカ百科事典(1917年版)のうちの一冊(?)にだけ「ウクバール」という聞き慣れない地名に関する項目が載っているというのが物語の発端。やがてトレーンという異世界に関する百科事典の一部が発見されるのだが、唯心論に支配されたその世界の文化は幻想的かつ奇想天外!

しかも、この小説には発表の7年後に付加されたという追記が存在し、そこで、トレーンという異世界が神を信じない一人の禁欲主義の百万長者によってでっち上げたものであることが明らかにされるのだが、この幻想世界の現実世界への侵入はその後も止まるところを知らず、トレーンの「調和的な(そして感動的なエピソードにあふれた)歴史の授業は、わたしの少年時代を支配した歴史を抹消して」しまう。

次に面白かったのは「『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール」であり、その内容は「べつの『ドン・キホーテ』を書くこと―これは容易である―を願わず、『ドン・キホーテ』そのものを書こうとした」一人の小説家、故ピエール・メナールに関する覚書。当然、「セルバンテスのテクストとメナールのテクストは文字どおり同一であるが、しかし後者のほうが、ほとんど無限にゆたかである」とされる。

例えば、文体ひとつとってみても、セルバンテスのそれが「その時代の普通のスペイン語を自在に操っている」だけなのに対し、「メナール―彼は結局、外国人である―の擬古的な文体にはある気取りが見られる」といった具合であり、何とも馬鹿馬鹿しい一方で、確かに「ドン・キホーテ」を書いたのが20世紀前半に活躍したフランス人だったとしたら、当然、その評価は現行のものとは異なってくるのだろう。

その他にも、「全能の神も何者かを求めており、…これが時の終わりまで…円環的に続く」という一文が印象的な「アル・ムターシムを求めて」や、結局、探偵が真の被害者になってしまう「死とコンパス」、そして作者自身が「たぶん最良の作品」と述べる「南部」等々、興味深い作品が満載なのだが、正直、“どこかで似たようなアイデアの作品を読んだことがあるなあ”という思いがしばしば脳裏をよぎった。

ということで、先日拝読させて頂いたマキアヴェリの「君主論」同様、嚆矢と言われる作品に共通する悲劇なんだろうが、本作を何の予備知識もなしに読むことができていたらどんなに衝撃的だったろう。もうこれ以上彼の他の短編を読むつもりはないが、その代りに彼が影響を受けたというG.K.チェスタートンの長編を何か読んでみようと思います。

大入道付近の花見はまだこれから

今日は、妻と一緒に矢板市にある高原山を歩いてきた。

本当は会津駒ヶ岳から三岩岳までの縦走を狙っていたのだが、ここにきての急激な気温上昇のニュースを聞いて、う~ん、踏抜き地獄はイヤだなあ。そこで雪の無さそうな高原山での体力トレーニングに計画を変更したのだが、その後、妻が同行してくれることになり、釈迦ヶ岳までは無理かなあと思いながら午前7時半頃に小間々の駐車場に到着。

そこには既に7、8台の車が止まっており、これなら何かの花見が期待できるかも知れないと思いながら7時32分に歩き出す。今日の最低限のノルマは小間々~大入道~剣ヶ峰~大間々の周回コースであり、最後の大間々~小間々の区間を“下り”で歩けるよう、いつもとは反対回りにしてみたのが今回のミソ。

さて、二箇所の涸れ沢を渡り、続いて大入道までの上り斜面に差し掛かると早くも妻の足が止まってしまい、う~ん、どうやら今日はあまり調子が出ないみたい。先週の雪の合戦尾根に比べれば何でも無いと思うのだが、まあ、女心は不可知であり、何度か休憩を挟みながら8時52分に大入道に着く。

幸い妻の調子は上向き加減だが、アカヤシオの時期には早過ぎたようであり、登山者の姿もまばら。そんな中を縄文躑躅(9時18分)~剣ヶ峰(10時18分)~分岐(10時24分)~矢板市最高点(10時44分)とのんびり歩いて10時54分に八海山神社。何故か神社のお社が完全に崩壊していた。

さて、ミツモチ方面に下っていけばアカヤシオが期待できるかも知れないが、今日の妻の調子では新たな負担を求める訳にもいかず、再出発(11時24分)後は見晴らしコースを使って大間々(12時14分)まで下りてくる。予想どおり最後の区間は楽チンであり、12時48分に小間々の駐車場に到着。本日の総歩行距離は8.9kmだった。

ということで、日帰り温泉はいつもの城の湯温泉センターを利用して無事帰宅。急な予定変更だったので仕方がないのだが、帰宅後に調べたところではミツモチ周辺のルートにしておけば満開のアカヤシオを楽しむことが出来たらしい。まあ、我が家の花見では良くあることであり、次回に期待したいと思います。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

2017年
監督 三池崇史 出演 山崎賢人神木隆之介
(あらすじ)
高校生の広瀬康一神木隆之介)が引っ越してきた杜王町は、お洒落な西洋風の街並みが人気だが、最近、猟奇的な殺人事件が頻発しているのがちょっと気掛かり。そんなある日、登校中に不良学生に絡まれてしまった康一は、たまたま通りかかった同級生の東方仗助山崎賢人)に助けてもらうが、不思議なことに酷く殴られたはずの不良学生の顔には傷痕ひとつ残っていなかった…


荒木飛呂彦の長編漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を実写化した作品。

正直、単調な格闘シーンばかりが延々と続く「ドラゴンボール」以降の少年漫画はあまり得意ではないのだが、現在、娘と一緒に毎週TVで見ている「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」はそのアメコミ風の凝った作画がなかなか魅力的。そんなこともあって、ちょっと前に公開された本作を怖いもの見たさ半分(?)で見てみることにした。

さて、娘の説明によると、本作は「黄金の風」より一つ前のシリーズに属するエピソードを取り上げているそうであり、舞台になるのは日本国内にある架空の町“杜王町”。そもそもスタンドとは何か、といった類いの状況説明を大幅に簡略化しているのは、まあ、本作の観客の9割以上が原作漫画のファンであろうことを思えば、むしろ英断と言うべきだろう。

また、原作のどこか西欧風な雰囲気を再現するために、国内が舞台であるにかかわらず、スペインにあるシッチェスというリゾート地をロケ地に選んだのも、“安上がり第一主義”が横行する邦画界ではやはり英断と言わざるを得ないのだろうが、う~ん、本作の評価できるところといったらこの2点くらいかなあ。

まあ、原作漫画をよく知らない俺が言うのもおこがましいが、この西洋コンプレックス丸出しの原作(=決して非難している訳ではない。)を体格が貧弱な生身の日本人俳優を使って実写化しようというのはある意味“無謀”であり、当然、CG等による全面的かつ過剰なくらいの“装飾”が不可欠のはず。それが出来ていないため、せっかくの海外ロケが全く活かされておらず、この壮大なはずのストーリーが不良同士のケンカにしか見えなかった。

ということで、タイトルには“第一章”の文字が入っているが、公開後2年弱が経っても“第二章”の噂は聞えてこないので、おそらく続編の企画は没になったのだろう。残念ながら今の日本映画界に優れた漫画やアニメをそれ以上のクォリティで実写化するだけの才能・資本は見当たらず、“ピカチュウ”同様、ハリウッドに期待するしかないのでしょう。

名探偵ピカチュウ

今日は、妻&娘と一緒にハリウッド製のポケモン映画「名探偵ピカチュウ」を見てきた。

正直、企画を耳にした時点では本作を映画館で見ることになるとは思ってもいなかったのだが、その後公開される予告編を見る度にその映像のクォリティの高さに好奇心がムズムズ。しかもピカチュウの声を担当しているのは我らがライアン・レイノルズであり、今回は何故か字幕版での上映もバッチリということで迷わず映画館へ。

さて、タイトルからは全く予想もつかなかったストーリーは、探偵業を営む父ハリーの訃報を受けてライムシティを訪れた主人公のティムが、父のパートナーポケモンだったピカチュウと協力しながらその死に隠された陰謀を探っていくというもの。どうやら最強のポケモンであるミュウツーが事件のカギを握っているらしいのだが、果して彼は敵なのか味方なのか…

そんな訳でピカチュウは最初から探偵帽をかぶって登場するのだが、正直、ストーリーは穴だらけであり、脚本も上手くない。特に、孤独なティムの親友になってくれたピカチュウの正体が実は父親だった(=正確には、父親の意識を一時的にピカチュウに移植していた。)というオチは最悪。ちょっと気持が悪いし、これでは続編にお喋りピカチュウを登場させることが出来ないじゃないか!

まあ、以上が一般的な意味での本作の評価だと思うのだが、見終わった娘の顔には大満足の笑みが溢れており、うん、やっぱりそういう映画では無いんだよね、この作品は。思えば、「ジュラシック・パーク(1993年)」で俺が一番好きなのは、広々とした草原で多くの草食恐竜たちがのんびり草を食んでいるシーンであり、正直、その場面だけでも1、2時間くらいは見ていられる。

本作もそれと同じであり、人間とポケモンが共生する町であるライムシティの日常をこの目で見られたことがすべて。娘の話によると、それぞれのポケモンのキャラに相応しい演出がいろいろと盛り込まれているとのことであり、おそらく本作の製作にはポケモンの生態にかなり精通した人物がしっかりと関わっているのだろう。

不満があるとすれば、むしろストーリーが複雑すぎるところであり、事件の方は「となりのトトロ(1988年)」程度に単純化してしまい、余った時間を使ってライムシティにおける人間とポケモンとの交流の様子をもっとのんびり描いて欲しかった。ポケモンバトルも明るくて健全なものがあって良いと思う。

ということで、ポケモンの映像表現に関してはほぼ完璧であり、勿論、主役のピカチュウはとっても可愛らしい。今後、順次公開が予定されている各国の興行成績次第では続編の製作も期待できるところだが、そのときはどんなコジツケを使っても構わないので、是非、ライアン・レイノルズのお喋りピカチュウを復活させて欲しいと思います。

残雪期の燕岳(2日目)

今日は、燕岳まで往復した後に中房温泉へ下山し、そのまま帰宅する予定。

お隣に寝ていたご夫婦が午前4時頃に早立ちをしていったため、我々もちょっと早めに起きて身支度を整える。日の出は4時50分頃だというのでその少し前に外へ出てみたが、寒いし、人も多いということでお日様の頭がチラッと見えた時点(4時51分)で館内に引き返す。妻は“昨日の夕日を見た方が良かったかも”と言っていたが、まあ、今頃言われてもどうしようもない。

5時スタートの朝食を済ませてから出発の準備に取りかかり、まずは荷物をザック棚に預けたまま5時44分に燕岳へ向う。念のため二人分のアイゼンとストックは持参したが、積雪が凍っているような箇所はわずかのため、前者の出番はなし。妻に見せたかったイルカ岩(5時51分)&槍ヶ岳の絶景を楽しんだ後、メガネ岩(6時11分)を経て6時25分に燕岳(2763m)の山頂に着く。

今日は無風快晴という絶好のコンディションであり、抜けるような青空を背景に穂高から立山まで真っ白な北アルプスの山々がずらっと丸見え。妻も感無量の様子であり、ちょっと大変な思いをさせたかも知れないが、これで十分おつりがくるだろう。雪が溶けたら3泊4日くらいの日程で表銀座縦走も悪くないと思うのだが、まあ、あまり急かすのは禁物かな。

さて、7時6分に燕山荘に引き返し、ザックを回収して下山用の装備を整える。7時36分に出発するとやっぱり下りは楽チンであり、周囲の絶景を楽しみながら合戦沢の頭(8時20分)~合戦小屋(8時38分)。担いできた水が大量に残っているので、ここで再びお湯を沸かしてインスタントコーヒーを楽しむ。

その先からは上ってくる登山者とのスレ違いのせいでペースは上がらないが、まあ、鈍足コンビの我々にとってはその方が好都合。後ろに付かれたときには迷わず先を譲り、富士見ベンチ(9時37分)~第三ベンチ(10時15分)と堅実なペースで下りていく。時々足を滑らして転倒する登山者も見られるが、今回の山行で妻が転ぶことは一度も無かった。

さて、その後も堅実なペースは続くが、ちょっと気になるのが帰りのバスの時刻。12時35分発のバスを逃してしまうと次は1時間半くらい待たねばならず、妻に各ベンチでの休憩時間の短縮をお願いして第二ベンチ(10時55分)~第一ベンチ(11時30分)。ここでアイゼンを外し、最後の力を振り絞って下りていくと12時12分に中房温泉の登山口まで戻ってくる。

計画していた下りの所要時間は4時間40分だったが、それとの誤差は-4分であり、いつもながら俺の読みはほぼ完璧。歩行距離は、初日の中房温泉から燕山荘までが5.7km、本日は燕岳往復を含めて7.3kmであり、合計では13kmちょうどだった。

ということで、予定どおりのバスに乗って安曇野の里に引き返し、隣接するビレッジ安曇野日帰り温泉で汗を流してから無事帰宅。上信越道の佐久~下仁田間ではノロノロ運転が続いたが、それ以外は快適だったので、まあ、GW中としては上出来の部類。そんなことも含めてとても充実した内容の二日間でした。
f:id:hammett:20190512164449j:plain

残雪期の燕岳(1日目)

今日は、妻と一緒に北アルプスにある燕岳に向けて出発する日。

GW中はどこも混んでいるだろうが、まあ、残雪期の北アルプスなら一般の観光地ほどではないだろうと考えて燕山荘に宿泊の予約を入れたのが2ヶ月前のこと。妻が本格的な山小屋を利用するのは今回が初めてになるが、行き届いたサービスで定評のある燕山荘ならきっと気に入ってもらえるだろうと願いつつ、いざ、北アルプスへ。

登山口のある中房温泉の駐車場はいつも混んでいるらしいので、安曇野の里の駐車場に車を止めて午前6時20分発のバスに乗る。その後、穂高駅等のバス停で数人乗り込んできたものの小型のバスが満員になる程ではなく、意外に空いているのかもと期待してみたが、やはり中房温泉の駐車場には車が溢れており、う~ん、相当賑やかな山行になりそうだなあ。

さて、中房温泉の登山口にあるベンチで身支度を整えて8時ちょうどに出発。“まだ冬山の装備で!”という警告に従っていろいろ着込んできたのだが、幸い風は穏やかで日差しも暖かく、アッと言う間に身軽になって8時48分に第一ベンチ。降りてくる登山者のアドバイスに従って、ここでアイゼンを装着する。

前歯付きのアイゼンを使用するのも妻は今回が初めてだが、昨年の雲竜渓谷での経験が自信になっているらしく、全くの無問題。スピードは決して速くないが、北アルプス三大急登の一つに数えられる合戦尾根を第二ベンチ(9時46分)~第三ベンチ(10時42分)と着実に上っていく。

計画では燕山荘までの所要時間を7時間とみており、この分なら大丈夫だろうと思っていたら、妻から“踵にマメが出来たみたい”との申告があり、雪の斜面に彼女を座らせてバンドエイドと伸縮テープとで応急処置。幸い大したことは無さそうであり、本人の気力もまだ十分なので迷わず続行を決意し、富士見ベンチ(12時00分)~合戦小屋(12時51分)。

ここまで来てしまえば残りは1/3くらいであり、燕山荘到達を確信して大休止。我が家としては珍しく、今回は水2.5Lにガスボンベ&バーナーを持参してお湯を沸かしてみたのだが、何故か周囲でバーナーを使用している例は皆無であり、う~ん、燕岳のようなお洒落な山ではお湯やカップ麺は山小屋で調達するのが普通なのかしら。

ちなみに、今回はお湯を沸かすだけなので小ぶりのヤカンをザックに括り付けて来たのだが、お洒落な登山者の目にはこれも奇異に映ったらしく、翌日の下山中に見ず知らずの方から2度ほど指摘を受ける。そんなに目立つのなら、これからも愛用して“ヤカン親父”で売り出してやろうかと思ったが、残念ながら妻の支持は得られなかった。

さて、13時25分に再出発し、眼前に立ち塞がる雪の急斜面を一歩ずつ上っていく。途中で槍ヶ岳の頭が見えたので妻に教えてあげたが、どうやら景色を楽しんでいる余裕は無さそうであり、最後の力を振り絞って13時52分に合戦沢の頭にたどり着く。ようやく妻の表情にも笑顔が戻ったようであり、北アルプスの山々やポツンと見えている燕山荘の建物を眺めながら一休み。

ところが、“もう少し”と気が緩んだのがマズかったようであり、なかなか近づいてこない燕山荘に妻の気力も途絶えんばかり。おそらく今回の山行でここが一番大変だったと思うが、まあ、諦めずに歩き続ければいつかは目的地に着く訳であり、15時17分にお待ちかねの燕山荘に到着。随分時間が掛ったような気がしたが、7時間の予定を17分オーバーしただけだった。

受付後、案内されたのは階段を3つか4つ上った先にある行き止りのような部屋だったが、幸い妻は壁際をキープすることが出来たので、まあ、良しとしておこう。我々の後からも数人宿泊客が案内されてきたので、結局、2畳に3人の割当てになってしまったが、疲れているので燕岳挑戦は明日に回し、布団の上でゴ~ロゴロ。

ということで、その後、ちょっと外に出てみたが風が冷たいので早々に館内に引き返し、ケーキを食べながらのコーヒータイム。夕食を食べてしまうと後はやることもないので早々に布団に潜り込む。妻の話によると俺の隣に寝ていた男性のイビキがうるさかったらしいが、しっかり耳栓をしていたおかげで何とか一晩堪え忍ぶことが出来ました。

百万人の音楽

1944年
監督 ヘンリー・コスター 出演 マーガレット・オブライエン、ジューン・アリソン
(あらすじ)
幼いマイク(マーガレット・オブライエン)は、オーケストラでコントラバス奏手を務めている姉のバーバラ(ジューン・アリソン)に会うために一人でニューヨークにやってくる。久しぶりの再会を喜ぶ二人だったが、妊娠が判明したバーバラは南太平洋に出征している夫から長らく手紙が届かないことを気に病んでおり、マイクはそんな姉を何とか元気付けようとするのだが…


名子役と言われたマーガレット・オブライエンが主演を務める音楽映画。

監督がヘンリー・コスターなので、やはり彼が監督を務めた「オーケストラの少女(1937年)」の二番煎じ(?)みたいな楽しい作品を期待していたのだが、さすがのマーガレット・オブライエンも歌唱力には恵まれなかったようであり、戦時中ということもあってか、特にドラマパートは意外なほどシリアスな内容になっている。

その原因は、南太平洋で大日本帝国軍(=幼いマイクも“ジャップ”と呼んでいる。)と戦っているバーバラの夫からの連絡が何ヶ月間も途絶えているせいであり、それを知ったマイクは何とか姉を元気付けようとするのだが、彼女に出来るのは信仰心の薄い姉に神様へのお願いの仕方を教えることくらい。まあ、それが銃後の家族の実態だったのだろう。

こういったやや深刻ぶった演技はマーガレット・オブライエンの十八番のはずなのだが、脚本が弱いのか、見ていて目頭が熱くなるようなシーンは一つも出て来ない。また、バーバラ役のジューン・アリソンもいつもの明るさを見せてくれるのはほんの序盤だけであり、正直、こんなに元気の無い彼女を見たのは初めての経験。

そんな二人を差し置いて本作の音楽パートを盛り上げてくれるのが大ベテランのジミー・デュランテとホセ・イトゥルビの二人であり、本人役で出演している後者はスペイン出身の正真正銘のピアニスト兼指揮者らしい。当然、スタイルは全く異なるのだが、前者の渋いノドも後者の哀愁を帯びたピアノソロもとても素晴らしい出来だった。

ということで、決して悪い作品ではないのだが、マーガレット・オブライエンの“健気さ”やジューン・アリソンの“明るさ”が十分に活かされていないところがちょっと残念。しかし、日本公開された1947年度のキネ旬ベストテンで本作は外国映画の5位に入っているそうであり、う~ん、戦時中に公開されたにもかかわらず、全く戦意高揚映画になっていないところが高く評価されたのかもしれません。