若おかみは小学生!

2018年
監督 高坂希太郎
(あらすじ)
交通事故で両親を亡くした小学6年生の“おっこ”こと関織子は、母方の祖母の経営する温泉旅館“春の屋”に引き取られ、ひょんなことから若おかみとして修業を始めることになる。古びた旅館にはウリ坊という名前の男の子の幽霊が住み着いており、彼の励ましを受けながら旅館の仕事を少しずつ覚えていく織子だったが、不思議なことにウリ坊の姿を見ることが出来るのは彼女だけだった…


先日、Eテレで放映された作品を録画しておいたものを家族で観賞。

劇場公開当時、一部のアニメ・ファンから高い評価を受けていたのは知っており、少々気にはなっていたのだが、タイトルからして如何にも“お子様向け”であり、見てみようという意欲がどうしても湧いてこない。そんなところに飛び込んできたのがEテレでの地上波初放送のニュースであり、まあ、タダなら良いかということで録画の予約をしておいた。

さて、作画のタッチは完全に健全なお子様仕様であり、ウリ坊以外にも、イタズラ好きな幽霊の美陽や子鬼の姿をした鈴鬼といった具合にお子様受けしそうなキャラクターが出てくる。しかし、意外にも彼らがストーリーに直接関わることは少なく、中心になって描かれているのは、様々な問題を抱えてやってくる旅館のお客たちを何とか元気づけようとする織子の奮闘ぶり。

作品の冒頭で両親の交通事故死のシーンがかなり衝撃的に描かれているにもかかわらず、若おかみになってからの織子は元気いっぱいであり、両親の夢を見た後も涙一つ見せない。それどころか、逆に“死んでしまったなんて信じられない”と言って、母親を亡くして落ち込んでいるお客の男の子を励ましたりする。

しかし、実はこの“死んでしまったなんて信じられない”というセリフがクセモノであり、次第に彼女が両親の死という現実を受け入れられずにいることが明らかになっていく。おそらく彼女にだけ幽霊や子鬼が見えるのはこの現実逃避の故であり、夢の中に出てくる両親に会っても動揺しないのは、そっちの方が彼女にとっての“現実”だったからに他ならない。

ということで、両親の交通事故死の“加害者”との偶然の出会いを通じて、織子はその問題の克服に成功するのだが、それは今まで彼女を励ましてくれたウリ坊たちとの別れにも繋がる訳であり、このへんのストーリー構成の巧みさは見事なもの。唯一の欠点は、終わり方があまりにも完璧過ぎるため、続編が期待できないことくらいでしょう。

緊急事態宣言明けの高山

今日は、妻と一緒に日光の高山周辺を歩いてきた。

14日付けでコロナウィルスの緊急事態宣言が解除されたことに伴い、封鎖されていた奥日光の県営駐車場も昨日から利用可能。勿論、それなりの警戒は依然必要だが、何度も歩いているこのコースなら事故等の心配も少ないだろうということで、ちょっと早起きをして午前6時半過ぎに滝上駐車場に到着する。

着いたときの上空は暗雲で覆われていたが、天気予報は上々のハズであり、傘を持たずに6時49分に歩き出す。駐車場の先客は2台だけだったが、山中にその持ち主の姿は見当たらず、懸念していた混雑状態は皆無。予想とはちょっと違ったが、これならソーシャルディスタンスの心配は無用であり、“髙山1.5km”の標識の立つ鞍部(7時18分)を経て、8時12分に高山(1667.7m)の山頂に着く。

着いたときには無人だったが、倒木のベンチに腰を掛けておにぎりを頬張っていると、単独の中高年男性と3人組の男性グループが相次いで到着。山頂は広いので密集を心配する必要はないのだが、にわかに吹き始めた強風のせいで周囲の気温は一気に低下してしまい、これは堪らんと8時30分に下山に取り掛かる。

さて、9時3分に中禅寺湖方面との分岐まで下りてくると、すっかり強風も収まったようであり、分岐を右折して小田代原方面に向かう。ここは2年前にも歩いているが、途中に広がる白樺林は我々夫婦お気に入りの場所であり、静寂に包まれた落ち着いた雰囲気の中をのんびり歩いて9時31分に車道に出る。

前回同様、そこを左折して小田代歩道入口(9時42分)から遊歩道に入ると、さすがにハイカーの姿が目立つようになってくる。マスクの着用率は半々といったところであり、我々もザックの中に入れてきたマスクを取り出そうかと迷ったが、結局、面倒なのですれ違うときに出来るだけ道端に寄ってソーシャルディスタンスの確保に努める。

しかし、そんな葛藤もしゃくなげ橋分岐(10時19分)までであり、そこを右手に入ると再び人の気配は希薄になる。正直、山歩きのときくらいはマスクから開放されたいが、実際の感染の危険性よりも同調圧の方が手強そうだなあと憂いながらしゃくなげ橋(10時31分)を渡り、10時45分に駐車場まで戻ってくる。本日の総歩行距離は8.6kmだった。

ということで、恒例の日帰り温泉は自粛させて頂き、「明治の館ケーキ・ショップ日光駅前店」に立ち寄ってニルバーナのチーズケーキ等を購入してから無事帰宅。実は、高山山頂までの所要時間が気になっていたので、このブログを書きながら確認したところ、これがまさかの1時間23分! これは前回(2018年)、前々回(2014年)と全くの同タイムであり、妻の“マイペースぶり”はちょっと驚異的だと思います。

狩人の夜

1955年
監督 チャールズ・ロートン 出演 ロバート・ミッチャムシェリー・ウィンタース
(あらすじ)
銀行強盗で大金を手に入れたハーパーは、その金の隠し場所を幼い我が子に伝えた直後に逮捕され、死刑になってしまう。そんなハーパーと同じ檻房に収容されていたエセ伝道師のハリー・パウエル(ロバート・ミッチャム)は、ハーパーの寝言等から事情を察知し、出獄後、素知らぬ顔で未亡人のウィラ・ハーパー(シェリー・ウィンタース)と再婚。幼いジョンとパールから大金の隠し場所を聞き出そうとする…


名優チャールズ・ロートンが監督を務めた唯一の作品。

いわゆる“カルト映画”としても高く評価(?)されている作品であり、おそらくその原因になっているのはバランスを欠いた脚本と編集の稚拙さ。Wikipediaによるとジェームズ・エイジーが担当した脚本が長すぎて使い物にならず、ロートンが大幅に手直しすることによって何とか撮影にこぎ着けたらしいのだが、その後遺症は明かであり、ブツ切りのようなエピソードの羅列はお世辞にもスムーズとは言い難い。

しかし、ドイツ表現主義の影響を強く受けた映像美はそんなアンバランスなストーリーテリングに絶妙にマッチしており、おそらくケガの功名なんだろうが、もしこれがロートン監督の“計算”の結果なのだとしたらもの凄いこと。川底に沈められた車の中でユラユラと漂うウィラの髪の毛の美しさは絶品であり、撮影的にもかなり大変だったのではなかろうか。

それに続くジョンとパールのボートによる逃避行のエピソードでも、まあ、普通なら追う者と追われる者との緊迫感を最優先させるところだろうが、ロートン監督が採用したのはそれとは真逆のダークファンタジー路線。時間経過の表現が曖昧で、馬で追いかけてくるハリーのスピードとの整合性も疑問なのだが、その絵本のような映像がとても印象的なのは認めざるを得ない。

さらに、リリアン・ギッシュ扮する老女が一人で殺人犯の魔の手から幼い子ども達を守り抜くという結末も少々非現実的なのだが、前段のファンタジー路線の余韻のせいなのか、思ったよりも違和感は少ない。繰り返しになるが、これがロートン監督の計算の結果なのだとしたら、ヒッチコック顔負けのもの凄い才能だと思う。

ということで、もう一人忘れていけないのは、“愚かな女”の典型を見事に演じてみせたシェリー・ウィンタースであり、ウィラがハリーから初夜を拒否されるシーンの惨めさは彼女でなければ表現不能。結局、「陽のあたる場所(1951年)」や「ポセイドン・アドベンチャー(1972年)」同様、水中に沈められてしまうのだが、う~ん、彼女には水難の相でもあったのでしょうか。

黒い牡牛

1956年
監督 アーヴィング・ラパー 出演 マイケル・レイ、 ロドルフォ・オヨJr. 
(あらすじ)
メキシコの牧場で働いている貧しい牧夫の息子であるレオナルド(マイケル・レイ)は、自ら“ヒターノ”と名付けた一頭の仔牛をとても大切に育てていた。一時は牧場の牛だと言われて取り上げられてしまったこともあるが、寛大な牧場主に直接手紙で訴えることによって無事取り戻すことに成功。しかし、その牧場主が急死してしまったため、成長したヒターノは再び闘牛として売り払われてしまうことに…


ロバート・リッチなる人物による原案がアカデミー原案賞に輝いた作品。

この“ロバート・リッチ”がダルトン・トランボの変名であることは有名な話であり、昔から一度見てみようと思っていたのだが、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年)」にも出てきた“キング・ブラザーズ”という製作会社がかなりいかがわしそうだったこともあり、正直、映画としての出来自体にはあまり期待をしていなかった。

ところが、冒頭のクレジットに記されているのは監督のアーヴィング・ラパーをはじめ、撮影のジャック・カーディフ、音楽のヴィクター・ヤングといった超一流の映画人の名前。まあ、俳優は知らない人ばかりだったが、それ以外は大手映画会社による当時のハリウッド映画に比較してもまったく引けを取らない陣容であり、実際、映像も音楽もとても良く出来ている。

それらに比べると、むしろ“子ども向け”に作られたストーリーの方がやや物足りなく感じられるくらいであり、特に、ヒターノが闘牛場で殺されてしまうのを阻止しようとするレオナルド少年の奮闘ぶりは明らかにサービス過剰。何のコネもない一介の牧夫の息子が、いきなりメキシコ大統領に面会できてしまうのはいくら何でもマズいだろう。

しかし、そんなレオナルド少年の努力が水泡に帰してしまってからの残り十数分間(?)の展開が本作のクライマックスであり、何と本作の真の主役はレオナルド少年ではなく、“The Brave One”ことヒターノ自身であったことが明らかになる。“闘牛は野蛮か芸術か”などという低次元の議論を軽く飛び越えてみせた彼は、自らの死すべき運命を強引にねじ伏せて無事レオナルド少年の元へ帰っていく!

ということで、闘牛場に詰めかけた大観衆の前で繰り広げられるヒターノvs.フェルミン・リヴェラ(=本物の闘牛士らしい。)の死闘は圧倒的であり、これまで食わず嫌いだった闘牛の魅力をしっかり教えてくれる。このような、ある意味危険とも言えるテーマを子ども向け映画に潜り込ませたトランボの意図は興味深いところであり、やはり相当したたかな人物だったのでしょう。

久しぶりの鞍掛尾根はルール違反?

今日は、休日出勤だった昨日の代休を利用して鞍掛尾根を歩いてきた。

連休初日の5月2日、早朝散歩のために日の出時刻前に古賀志山へ向かったのだが、何と道路脇を含めて森林公園の駐車場は全面閉鎖。まあ、趣旨は明白であり、路駐も大人気ないかとスゴスゴ帰宅して森林公園のHPを確認してみると、GW最終日の5月6日まで使用できないそうであり、仕方がないのでGW明けに鞍掛尾根でも歩いてこようと決めていた。

そんな訳で、今日の午前8時過ぎに森林公園の駐車場に着くと駐車場の閉鎖はまだ解除されておらず、十数人の登山者が困り顔で屯している。どうしようかと一瞬迷ったが、ここで待っているよりも出発地点を鞍掛山に変更した方が良さそうであり、車でそちらに向かってみると、3台しか止められない駐車スペースにはまだ1台分の余裕が残っていた。

しめしめとほくそ笑みながら身支度を整えて8時34分に出発。ここを歩くのは2018年2月18日に妻と一緒に歩いたとき以来だが、まだ2年しか経っていないのに周囲の雰囲気が随分変わっているのに気づく。そういえば、個人的にはこのコースはもっぱら“冬の散歩道”だった訳であり、こんなに草木が繁っている時期に歩くのは初めてのことかもしれないなあ。

そんなことを考えながら大岩(9時1分)~鞍掛山頂(9時7分)~シゲト山(9時23分)~猪倉峠(9時37分)~494ピーク分岐点(10時10分)~斑根石山(10時48分)~中尾根最高点(10時54分)と歩いて、11時9分に富士見峠に着く。ここまでで出会ったのは同じ駐車スペースに止めてあった車の持ち主と思われるお二人だけであり、いわゆるソーシャルディスタンスの確保はほぼ完璧。

富士見峠の先からはさすがに登山者の姿が増えてくるが、それでも平日ということで10分毎に一人とすれ違う程度であり、古賀志山頂(11時18分)から御嶽山(11時29分)まで足を伸ばしたところでUターン。長い階段を使って11時49分に南登山口まで下りてくると、そこから先は休息を兼ねて舗装された林道をのんびり歩いて行く。

ところが、休業中の釣り堀の先から車道に出るところに通せんぼがしてあり、「新型コロナウィルス感染症拡大防止のため登山・ハイキングは当面の間ご遠慮願います」との看板(12時12分)が立っている。どうやら自粛期間は5月6日から「当面の間」に延期されたようであり、う~ん、ちょっとマズかったかなあ。

しかし、今さらどうすることも出来ず、そのまま森林公園の駐車場(12時19分)まで進み、長い路上駐車の列を横目で見ながら再び山中へ入る。疲労の蓄積と少々の罪悪感からなかなかペースは上がらないが、何とか頑張って12時44分に最後の小ピーク。その先では、大岩上からも眺められたとおり大規模な伐採が行われており、すっかり様変わりした尾根を下って13時4分に駐車スペースまで戻ってくる。本日の総歩行距離は11.5kmだった。

ということで、結果的にルール違反になってしまったが、まあ、これくらいの人混みであれば「新型コロナウィルス感染症拡大防止」の大きな支障にはならなかっただろう。ちなみに所要時間は4時間30分であり、ここを良く歩いていた頃に比べると1時間弱遅くなっている。当分、県外には行けそうにないので、「昔の1.2倍」を念頭に置いて過去に歩いた県内の山々を再訪してみようと思います。
f:id:hammett:20200510053228j:plain

女神の見えざる手

2016年
監督 ジョン・マッデン 出演 ジェシカ・チャステインマーク・ストロング
(あらすじ)
大手ロビー会社の剛腕ロビイストであるエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、ある日、有力な銃擁護派団体から新たな銃規制法案の成立を阻止して欲しいとの依頼を受ける。これを断ったことで上司から厳しく叱責された彼女はあっさり会社を辞めてしまい、シュミット(マーク・ストロング)率いる銃規制派の弱小ロビー会社に移籍。そこで銃規制法案の成立に向けて強力なロビー活動を繰り広げる…


米国におけるロビー活動の実態を描いた社会派サスペンス映画。

勿論、ジェシカ・チャステインがお目当てで見てみたのだが、彼女が扮しているスローン女史はロビー活動を成功させるためなら手段を選ばない非情の女。知能は極めて優秀だが食事を含めて仕事以外には興味が無く、ストレス発散のためにたまに男娼を買うくらい。そして、さらに悪いことには自由貿易を信奉する(おそらくは)新自由主義者

まあ、そんな訳で個人的には少々感情移入しづらいキャラクターになっているのだが、幸い(?)彼女に敵対する銃擁護派の面々がそれに輪をかけて醜悪な人物ばかりなので、何とか勧善懲悪ものとして見ていられる。作品中に固有名詞は出てこないが、「有力な銃擁護派団体」というのはあの全米ライフル協会のことだろう。

さて、エリザベスが推し進めていた銃規制法案の成立はある事件がきっかけで暗礁に乗り上げてしまい、彼女自身も過去の違法行為が発覚して議会の聴聞会に召喚されてしまう。しかも、その聴聞会を取り仕切っているのは銃擁護派によって買収された老獪な上院議員であり、まさしく絶体絶命の大ピンチ!

132分の上映時間もほとんどを使い果たしてしまったが、何とそこから胸のすくようなハッピーエンドに結び付けるのだから新人ジョナサン・ペレラによる脚本の素晴らしさは圧倒的。本作があまりパッとした興行成績を残せなかったというのは少々信じ難い事実であり、そのへんに米国における銃規制の難しさが影響しているのかもしれないなあ。

ということで、とても良く出来た面白い作品だったが、まあ、唯一残念なのは本作が実話ベースでは無いっていうところ。米国に限らず、政治の世界では“圧力団体との癒着”なんて日常茶飯事なんだろうが、そこで本作のような痛快などんでん返しが起きる可能性はほぼ皆無であり、それに抗った現実のエリザベスたちの努力を我々が知ることも無いのでしょう。

僕の村は戦場だった

1962年
監督 アンドレイ・タルコフスキー 出演 コーリャ・ブルリャーエフ、ワレンティン・ズブコフ 
(あらすじ)
第二次世界大戦中の独ソ戦の最前線。ガリツェフ上級中尉の部隊に保護された少年イワン(コーリャ・ブルリャーエフ)は、中尉からの質問には答えようとせず、何を訊かれても“司令部に電話して”の一点張り。どうやら彼は、司令部のグリズヤノフ中佐の指示を受けて敵情を探っていたようであり、ソ連軍は彼の勇気ある行動によってドイツ軍に関する貴重な情報を入手することが出来たのだが…


アンドレイ・タルコフスキー監督の長編一作目となる戦争映画。

どうやらコロナ対策に伴う自宅待機生活にも幾分慣れてきたようであり、当初考えていたより感染者数の増加スピードが緩やかなこと(=まあ、これに関しては我が国におけるPCR検査体制の貧弱さも少なからず影響しているのだろうが…)もあって、難解なことで知られるタルコフスキー作品に挑戦するだけの心の余裕も出てきたみたい。

しかし、同じタルコフスキー作品といっても、後の「惑星ソラリス(1972年)」なんかに比べると全然ストーリーは分かり易く、途中、睡魔に襲われるような心配も無用。テーマになっているのは主人公であるイワン少年の“怒り”であり、冒頭の回想シーン(=モノクロ映画ならではの美しさ!)で見せてくれる天使のような笑顔との落差にまず驚かされる。

説明的な描写やセリフが少ないために詳細は不明だが、どうやら彼の家族は侵攻してきたドイツ軍によって殺害されてしまったようであり、その復讐のためソ連軍に協力しているらしい。しかしながら、まだ12歳の子供ということで、任務終了後、グリズヤノフ中佐から前線を離れて幼年学校に通うよう指示されてしまうのだが、イワンはこの申し出を頑なに拒絶する。

まあ、中佐等の言い分は「戦争は大人がやるもんだ」ということなのだが、イワンにしてみれば彼の家族を戦争に巻き込んだのはそんな大人たちの方であり、勝手に巻き込んでおいて今さら「学校に行け」はないだろうというのが彼の本音。結局、彼には新たな斥候の任務が与えられるのだが、どうやらその結果は悲劇的なものになってしまったらしい。

ということで、本作にはマーシャという若くて美人の軍医も登場するのだが、唯一、彼女の役割が何だったのかが良く分からない。イワン同様、「戦争は男がやるもんだ」と言われているようでもあるが、それに対する彼女の反応は曖昧なままであり、う~ん、やっぱりタルコフスキー作品は一筋縄ではいきません。